昨年の春、ずっとお世話になっていた上司が大阪に転勤になりました。急な転勤だったこともあり、そのときは賃貸マンションを借りて家族と暮らしていたようでした。そんな中、ずっと希望に合ったマンションを探していたところ、エリアや間取り、外装など、希望している条件にぴったり合った中古マンションを見つけたので、さっそく購入したと教えてくれたんです。以前からマンションを購入するときは新築だけではなく、中古も含めて幅広く探したいと言っていた上司だったので、この話を聞いたときは、希望に合った物件が見つかって良かったと、まるで自分のことのようにうれしい気持ちになりました。ちなみに、上司は奥さまとインターネットの物件情報サイトにこまめにアクセスして物件を探していたそうです。そのおかげで想像していた以上に早い段階で希望に合った中古マンションが見つかったようです。今は家族で快適に暮らしている様子です。

大阪で中古マンション経営をするポイントについて

大阪は、日本の中でも有数の大都市で、多くの人が集まる場所です。そのため、一人暮らし用のマンションからファミリー向け一戸建て住宅や大規模マンションなど、住まいへの需要も大変高い地域といえます。したがって、不動産経営をする面で言うと大変適した地域といえます。この地域で中古マンションの不動産経営をすると効率よく収益を上げられる可能性が高いです。しかし、もちろん大阪の中でも入居者が効率よく集められるような、魅力ある物件を投資に用いなければなりません。中古マンション経営を成功させるには、物件の価値を見極めることとともに、マンション管理会社が信頼できるかどうかも大変重要な要素です。入居者の募集にしても、マンションの維持管理にしても、精力的に対応してくれる不動産業者の方が経営も安心して任せられますし、収益の安定性にも大きく影響します。

大阪府内で中古マンションを見つけました。

今から50年近く前に、大阪の堺市に山を開拓した泉北ニュータウンができました。そして人口はあっという間に増えました。住宅は、一戸建て、マンション、公団など、色々な形で建てられました。泉北高速鉄道も開通し、交通はとても便利な街です。現在は高齢化が進み、人口は減少傾向にあります。そんな状況を何とかしようと、公団だった物件を中古マンションとして販売しています。建物は築年数が経過したものが多いですが、耐震工事済みの物件もあります。内装は綺麗にリフォームしてあり、魅力的な物件を見つけました。庭付きのメゾネットタイプで、外でガーデニングを楽しんだり出来るので、とても気に入りました。トイレ、バスルームには窓があり、まるで一戸建てのようなプライベートな空間であります。リビングと寝室の階が分かれているのも、良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*